×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FX投資ガイド



スプレッドとは?

スプレッドとは?

手数料を考えるときには、同時にスプレッドにも注目する必要があります。

スプレッドというのは、FX会社が提示する通貨の売値(アスクまたはオファー)と買値(ビッド)の価格差のことをいいます。

例えば、ドル/円の為替レートが「1ドル=110円45銭〜110円50銭」と表示されているとします。

このとき、ドルを買うには1ドル=110円50銭を支払う必要があります。逆に、ドルを売るときは、1ドル=110円45銭で買い取ってもらうことになります。

このように、スプレッドが大きいと、より高い値段で買わなくてはならず、また、より安い値段で売らなければならないので、売買にあたって不利になってしまうのです。

よって、売買コストを判断する際には、「手数料+スプレッド」で行うようにしてください。

スリッページとは?

スリッページというのは、注文レートと約定レートとの差のことで、成行注文や逆指値注文を行ったときに生じることがあります。

ちなみに、スリッページとは、滑ること、またそれに伴うズレを意味します。

一般的には、スリッページの幅は、1〜5銭となるケースが多く、指定した値段よりも不利な方向に動きます。


FXで損切りを行うとは?
損切りのルールとは?
FX会社の選択は?
短期売買派のFX会社選びは?
為替手数料とは?

FXに損切りは必要?
ロスカット比率とは?
長期投資の場合のFX会社選びは?
長期投資・短期売買のFX会社選択
スプレッドとは?

中長期投資の必勝法
移動平均線

分散投資
ECBとBOE

自治体融資
相続時精算課税制度
住宅ローン

土地の先行取得
資産運用型
無理のない資金計画
貸出金利の種類
慈善信託
委任・準委任
住み換えローン
指定確認検査機関

Copyright (C) 2011 FX投資ガイド All Rights Reserved