×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FX投資ガイド



FXに損切りは必要?

FXで損切りは行うべきですか?

FXでレバレッジをかけて取引する場合には、損切りは必須です。

損切りした瞬間に為替レートが反転することもありますので、「もう少し待てばよかった」と後悔することもあるかと思いますが、その判断はリスク管理の面からは正しくありません。

為替レートが、自分の予想した方向と反対に動いていく場合には、一旦損切りを行い、反転が確実になった段階で改めて投資したほうが、リスクを限定させ、トータルでは利益を得られる確立が高くなるからです。

ちなみに、損切りを確実に行うためには、あらかじめルールを決め、決済注文を出しておくことが重要です。

損切りとは?

損切りというのは、ストップオーダーとも呼ばれますが、相場が不利になってしまった場合に、損失が出ることを覚悟してポジションを決済することをいいます。

損切りを行うと、損失額が確定されるので、二の足を踏む投資家は多いですが、相場の格言にも損切りの重要性を指摘したものは多く、相場で勝ち続けるには、損切りが重要な要素の1つであるとされています。


FXで損切りを行うとは?
損切りのルールとは?
FX会社の選択は?
短期売買派のFX会社選びは?
為替手数料とは?

FXに損切りは必要?
ロスカット比率とは?
長期投資の場合のFX会社選びは?
長期投資・短期売買のFX会社選択
スプレッドとは?

金融先物取引法の改正
カナダドルの特徴

強制決済
GDP・インフレ率

民間住宅ローン
相続時精算課税制度
沈み

実印
事業用借地権
固定金利型と変動金利型
新築物件
所有権の取得時効
アルコーブ
二世帯住宅応援
地すべり等防止法

Copyright (C) 2011 FX投資ガイド All Rights Reserved