×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FX投資ガイド



ロスカット比率とは?

ロスカット比率とは?

ロスカット比率というのは、為替変動により損失が発生し、その損失額が証拠金(自己資金)の一定比率まで達したときに、FX会社側が、それ以上損失が膨らまないように、投資家の意思とは無関係に、強制的に反対売買を行うことをいいます。

例えば、ロスカット比率25%で証拠金が20万円の場合には、損失が15万円以上に膨らむと、強制的に取引を清算されてしまうことになります。

損切りと逆指値とは?

通常の指値というのは、「いくら以下なら買いたい」「いくら以上なら売りたい」という注文ですが、逆指値というのは、これとは反対の注文になります。

つまり、逆指値の場合は、「いくら以上なら買いたい」「いくら以下なら売りたい」という注文になります。

逆指値の使い方としては、1ドル=100円以下になったら損切りのために売りたいというように使います。

手仕舞いとは?

手仕舞いというのは、買い建玉を転売する、または売り建玉を買い戻して精算し、売買契約を終了させ、市場から離脱することをいいます。

なお、手仕舞いの同じ意味で、「決済」「仕切り」「エグジット」「精算」などがあります。


FXで損切りを行うとは?
損切りのルールとは?
FX会社の選択は?
短期売買派のFX会社選びは?
為替手数料とは?

FXに損切りは必要?
ロスカット比率とは?
長期投資の場合のFX会社選びは?
長期投資・短期売買のFX会社選択
スプレッドとは?

短期投資家
米雇用統計

レバレッジと資金管理
貿易収支

民間ローン
相続時精算課税制度
事前着工

共有名義
自己契約
返済期間の設定
中古マンション
借地借家法
あんどん部屋
リフォームローン
事前相談体制

Copyright (C) 2011 FX投資ガイド All Rights Reserved