×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FX投資ガイド



損切りのルールとは?

損切りのルールはどうしたらよいのですか?

損切りのルールとしては様々なものがありますが、次のような方法が一般的です。

為替相場の変動幅で決める方法
⇒ 為替相場の変動幅で決める場合には、例えば、「1円、円高になったら損切りする」というように決めます。

この場合は、取引金額によって損切りの水準を変更する必要はありませんが、取引金額が大きいと、損失額は大きくなります。

あらかじめ損失の金額を決めてしまうという方法
⇒ あらかじめ損失の金額を決めてしまう場合には、例えば、「5万円の損失が生じた時点で損切りする」というように決めます。

このルールですと、損失の大きさが金額で判断できますので、非常にわかりやすいというメリットがあります。

ただし、取引金額によって損切りの為替水準を調整する必要はあります。

相場観とは?

相場観というのは、今後の相場の動きに関する見解のことをいいます。

具体的には、これから、通貨や銘柄は上昇していくのか、あるいは下落していくのか、また、どれくらいの水準まで、さらには、それはいつ頃までなのかなどの予測のことです。


FXで損切りを行うとは?
損切りのルールとは?
FX会社の選択は?
短期売買派のFX会社選びは?
為替手数料とは?

FXに損切りは必要?
ロスカット比率とは?
長期投資の場合のFX会社選びは?
長期投資・短期売買のFX会社選択
スプレッドとは?

投資ルール
カナダドルに影響を与える指標

強制決済を避ける
為替を動かす経済指標

変動金利型ローン
相続時精算課税制度
沈みへの対策

収入証明書
軸組み
固定金利型
住宅新築
自己借地権
あんこ
親想い
自然公園法

Copyright (C) 2011 FX投資ガイド All Rights Reserved