×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FX投資ガイド



FXで損切りを行うとは?

FXで損切りを行うとは?

FXにおいて、利益は可能な限り大きくし、損失を小さくするには、損切りが大切になってきます。

多くの投資家は、相場が予想と反対方向へ動くと「もう少し待っていれば戻ってくるはずだ」と考えて、損切りのタイミングを逃しがちです。

そして、一度その損切りのタイミングを逃してしまうと、損失がどんどん膨らんでしまい、ますます損切りができなくなってしまいます。

こうなってしまうと、最悪の場合、損失が証拠金の一定比率を超えたところで強制的に決済、つまりロスカットされてしまいます。

ロスカット比率とは?

ロスカット比率というのは、損失が一定の比率を超えると、強制的に決済されることをいいます。

FXでは、自己資金の100倍〜400倍もの取引ができますので、場合によっては、自己資金以上の損失が生じるおそれがあります。

このロスカットは、それを防いでくれる機能です。

どの程度の損失割合で強制決済されるのかというのは、FX会社によっても異なりますが、できれば、そこまで損失が膨らむ前に、自分で損切りを行っていくというような資金管理が重要です。


FXで損切りを行うとは?
損切りのルールとは?
FX会社の選択は?
短期売買派のFX会社選びは?
為替手数料とは?

FXに損切りは必要?
ロスカット比率とは?
長期投資の場合のFX会社選びは?
長期投資・短期売買のFX会社選択
スプレッドとは?

安全なFX取引業者
スイスフランの特徴

強制決済
プラザ合意

公庫融資と年金融資
相続時精算課税制度
3,000万円特別控除

不動産広告
事業用借地権
壁芯計算・内法計算
定期借地権付住宅
時効
アレンジャー
親子二世代型
宅建業法

Copyright (C) 2011 FX投資ガイド All Rights Reserved