×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FX投資ガイド



口座開設の申し込みから実際の取引までの流れは?

口座開設の申し込みから実際の取引までの流れは?

口座開設の申し込みから実際の取引までの流れは、一般的には次のようになります。

FX会社のホームページ上の「口座開設」をクリックして「お申し込み」ページに入る
⇒ 口座開設のページに入ると、「外国為替証拠金取引説明書」「外国為替証拠金取引約款・規定集」「個人情報保護方針」などの事前交付書面が掲載されていますので、まずはそれをよく読んでください。

入力フォームに必要事項を入力
⇒ 申し込みの入力フォームに、住所、氏名、年齢、職業、銀行口座の情報などの必要事項を正確に入力します。

本人確認書類のコピーを送付
⇒ 申し込みフォームに入力した内容と、送付する健康保険証や運転免許証などが一致しない場合には、口座開設ができない場合がありますので、必ず氏名、生年月日、現住所、有効期限の確認をするようにしてください。
⇒ 有効期限が切れていたり、不鮮明な場合は、再度送付しなければならなくなりますので、注意が必要です。
⇒ 多くのFX会社では、郵送だけでなく、FAXやEメール(画像添付)でも送付ができます。

書類到達後に審査
⇒ 本人確認書類が到着してから、通常3〜5日営業日で審査されます。

「口座開設手続き完了のご案内」を受け取り
⇒ 書類に問題がなければ、郵送で口座開設通知書とログインIDが送られてきます。
⇒ 口座開設通知書には、取引画面にログインするためのログインIDとパスワード、証拠金の振込先となる金融機関などが記載されています。

取引開始
⇒ 上記の手続きで、口座開設は完了です。
⇒ 証拠金の振込口座にお金を入金すれば、取引はすぐに始められます。


最高レバレッジとは?
短期売買ではスリッページに注意?
FX会社が倒産したら?
FX会社の経営状況や健全性は?
口座開設の申し込みから実際の取引までの流れは?

FX会社のスワップポイントの違いは?
許容スリップとは?
信頼できるFX会社とは?
FX取引を始めるには?
FXの注文方法は?

通貨の略称
確定申告は雑所得20万円超

通貨分散のリスク
NZドルのリスク

地役権
賃貸借
手付金等の保全措置

増減額請求手続き
定期建物賃貸借
不動産パンフレット
仲介の法的性格
追認
入母屋屋根
虫害
適合性の原則

Copyright (C) 2011 FX投資ガイド All Rights Reserved