×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FX投資ガイド



FX会社のスワップポイントの違いは?

FX会社によってスワップポイントというのは違うのでしょうか?

コツコツ長期投資をする目的でFXを利用する場合には、外貨預金の金利にあたるスワップポイントの高さが重要になってきます。

例えば、米ドル円を日本円で1万通貨買った場合には、スワップポイントは1日数十円になりますが、FX会社によっては、何と5円近く違うことも少なくありません。

1日で5円も違ってくると、365日では1,825円にもなり、これが10万通貨ですと18,250円にもなりますから、受け取れる金額にもかなりの差が出てしまいます。

しかも、これがドル/円ではなく、代表的な高金利通貨である、豪ドルやNZドル、南アフリカ・ランドなどですと、さらに差が開くことになります。

理想的なFX会社とは?

最近は、次のような短期売買向けと長期投資向けを分けているFX会社も増えてきています。

長期投資のスワップポイント派向け口座
⇒ スワップポイントは高めの設定であるけれど、手数料やスプレッドは割高になっています。

短期売買向け口座
⇒ 手数料やスプレッドは割安であるけれど、スワップポイントを低めに設定しています。

とはいえ、やはり手数料やスプレッドといった売買コストの面でも、スワップポイントという金利面でも業界最高水準になるようなFX会社を選びたいところです。


最高レバレッジとは?
短期売買ではスリッページに注意?
FX会社が倒産したら?
FX会社の経営状況や健全性は?
口座開設の申し込みから実際の取引までの流れは?

FX会社のスワップポイントの違いは?
許容スリップとは?
信頼できるFX会社とは?
FX取引を始めるには?
FXの注文方法は?

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析
長期保有でスワップポイントを狙うとは

担保余力
豪ドル/円のトレンド

宅地建物取引主任者
中高層共同住宅標準管理規約
抵当権

団体信用生命保険
通行地役権の取得
滌除(てきじょ)
地区計画
中間法人の種類
アウトサイダー
築年数の調査
仕口

Copyright (C) 2011 FX投資ガイド All Rights Reserved