×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FX投資ガイド



短期売買ではスリッページに注意?

短期売買ではスリッページに注意?

短期売買の場合には、スリッページに注意したいところです。

スリッページというのは、成行注文や逆指値注文をした際に、注文した瞬間の表示レートよりも、高いレートで買わされたり、あるいは安いレートで売らされたりすることです。

例えば、1ドル=100円50銭を下回ったら売り、という逆指値注文が実際に執行されたときに、いざ約定価格を見ると、100円45銭だった…つまり、5銭も安い値段で売らされてしまうというようなケースです。

こうしたケースはFX会社ではよくあることなのですが、これは実際に口座を解説してみないとなかなかわからないものでもあります。

デモ取引でチェックするとは?

とはいえ、主要なFX会社の場合には、取引デモ体験ができるサービスを提供していますので、実際のお金で取引する前に、このデモ取引で以下のような点についてチェックするようにしてください。

■注文の際に許容スリップの幅は選択可能かなど、スリッページへの対応
■注文した後の約定の速さはどうか
■取引画面の見やすさはどうか
■為替チャートなどの情報ツールは充実しているか...など


最高レバレッジとは?
短期売買ではスリッページに注意?
FX会社が倒産したら?
FX会社の経営状況や健全性は?
口座開設の申し込みから実際の取引までの流れは?

FX会社のスワップポイントの違いは?
許容スリップとは?
信頼できるFX会社とは?
FX取引を始めるには?
FXの注文方法は?

テクニカル分析の種類
FX会社選びのポイント

スワップの再投資
豪ドルは資源国通貨

建物面積
注視区域
不動産以外の抵当

担保物権
土塗壁同等構造
TES(テス)
地区計画
帳簿の備付け
青田売り
地耐力
潰れ地

Copyright (C) 2011 FX投資ガイド All Rights Reserved