×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FX投資ガイド



FX会社が倒産したら?

FX会社が倒産したら?

最近、一部のFX会社で、経営者が顧客の預り資産を流用したり、突然経営破綻するなど、良くない話を聞くことがあります。

本来は、FX会社が倒産したとしても、顧客からの預り資産は分別管理することが義務づけられていますので、投資家のお金は全額返還されるはずです。

しかしながら、実際には、ずさんな分別管理しか行っていないFX会社もあるので、資金がきちんと返還されるのかどうかは、FX会社が倒産してみないとわからないというのが現状です。

つまり、せっかくFX取引が上手くいって、資産運用に成功していたとしても、すべてが水の泡になってしまうかもしれないのです。

よって、FX会社を選択する際には、分別管理(信託保全)や取引高、口座数、預り資産などを比較してみて、信頼できる会社かどうかをしっかり見極めたいところです。

信託保全とは?

FX会社では、法律上、顧客の資産を自社の資産と分別管理することが義務づけられています。

優良な会社の場合には、どのような金融機関※に顧客の資産を分別して管理・保全しているのかということが、具体的にホームページなどで公開されています。

※多くは信託銀行です。


最高レバレッジとは?
短期売買ではスリッページに注意?
FX会社が倒産したら?
FX会社の経営状況や健全性は?
口座開設の申し込みから実際の取引までの流れは?

FX会社のスワップポイントの違いは?
許容スリップとは?
信頼できるFX会社とは?
FX取引を始めるには?
FXの注文方法は?

米ドルの特徴
顧客資産の分別管理

中長期投資のレバレッジ
ニュージーランドの主要産業・貿易

短期賃貸借の効力
聴聞
手付

地域地区
積立式宅地建物販売業
手付の額の制限
拠点都市整備法
直接還元法
赤道
地方公共団体融資
提携ローン付販売

Copyright (C) 2011 FX投資ガイド All Rights Reserved