×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FX投資ガイド



自己資金の壁とは?

自己資金の壁とは?

資産運用には自己資金の壁というものが存在します。

例えば、外貨投資をして、その金利収入によって年3%ずつ自己資金が増加したとしても、運用資金が10万円ですと、年間だと3,000円にしかなりません。

しかしながら、これが1億円ともなりますと、なんと300万円にもなるのです。

このように、資産規模が大きくなればなるほど、損益の絶対額も大きくなるということです。

レバレッジの効果とは?

FXの魅力は、レバレッジを利用して、自己資金に対する利回りを増やすことができることです。

FXなら年利回り50%とか100%とかいう、通常なら考えられないような資産運用も可能になるのです。

とはえい、レバレッジは「両刃の剣」ですので、いくら高額のスワップポイントを収入が得られるからといっても、為替相場が急変すれば、大きく損失を出すことだってあるわけです。

ただし、このレバレッジの効果については、運用資金10万円をレバレッジ2〜3倍程度、つまり20〜30万円に膨らませて運用してみるだけでも、その効果を体感できると思います。


FX(外国為替証拠金取引)の仕組みとは?
FXのレバレッジのメリットとは?
レバレッジの考え方は?
外貨投資と株式投資のリスクは?
外貨投資で儲ける方法は?

FXは資金効率がよい?
自己資金の壁とは?
FXは投資信託の代用になる?
FXと株式投資の投資対象は?
スワップ派とは?

付保預金と付保対象外預金
外貨建てMMF

FXのレバレッジ
2WAYプライス
住宅ローン控除 3,000万円 定期借地権付住宅 公庫財形融資
不動産取得税 住宅火災保険 民間住宅ローン フラット35
住宅ローン 保証料 印紙税  

Copyright (C) 2011 FX投資ガイド All Rights Reserved