×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FX投資ガイド



相対取引とは?

相対取引とは?

FXは、相対取引で行われます。

この相対取引というのは、金融機関と金融機関が直接、為替レートの値段を決めて取引することをいいます。

よって、どのFX取引会社でFXをするのかというのが、損益に影響を及ぼします。

つまり、FX会社によって提示されるレートが異なりますので、有利な条件で取引できるFX会社を選ぶ必要があるのです。

とはいえ、FXの場合は、2WAYプライスといって、売値と買値が同時に提示されていますので、その点では透明性は高いといえます。

2WAYプライスとは?

2WAYプライスというのは、為替レートの表示をする際に、売値と買値の双方を同時に提示する方法のことをいいます。

多くのFX会社では、この2WAYプライスを採用しています。

ちなみに、新聞やニュースでよく見かける、例えば「1ドル=100.20〜100.25」という表示は、金融機関の買値が100円20銭、売値が100円25銭であるという意味です。


相対取引とは?
証拠金取引とは?
FXは売りからできる?
スワップポイントのメリットは?
通貨ペアと外貨同士のペアについて

為替手数料とは?
レバレッジの設定は?
株の信用取引とは?
スワップポイントを支払う場合とは?
通貨ペアの選び方は?

為替レートの需給バランス
条件注文

外貨準備高、介入、為替差益
ボラティリティ
住宅ローン控除 取得価額 税金 財形融資
固定資産税 地震保険 フラット35 申込
リバースモーゲージ 中古マンション 買換え特例  

Copyright (C) 2011 FX投資ガイド All Rights Reserved